1. 【決定版】優良出会い系サイトランキング~出会いMAX~
  2. 出会い体験談
  3. ハッピーメール
  4. ≫出会い系で知り合った女子大生のアソコが臭すぎてワロタwww - 出会い系体験談

出会い系で知り合った女子大生のアソコが臭すぎてワロタwww – 出会い系体験談


出会い系で知り合った女子大生のアソコが臭すぎて笑う体験談

出会い系サイトの体験談を募集したところ、残念な経験をされた男性から投稿がありました!

あまり羨ましくはありませんが、こんなこともあるんだなという視点から見てもらえれば幸いです(笑)

  • 体験した人:石田一成さん(23歳)
  • 出会った人:佐藤めぐみさん(20歳)
  • 女の子の職業:大学生
  • 利用した出会い系サイト:ハッピーメール

ワイの名前は石田一成や

ワイの名前は石田一成で、23歳のサラリーマンやで。

兵庫に住んでいて、普段は会社いったり、友達と遊んだり、まぁふつうの生活を送っているんや。

 

ある友達が、

「出会い系サイトで知り合った女の子とエッチして最高やった!!」

って言ってたから、俺もハッピーメールを使うことにしてみた。

 

それが始まりやな。

てきとーにプロフィールを書いて、なんとなく無料で貰ったポイントでメールして、すぐにポイントが切れてもて。

少しだけ課金して、女の子にメール送ってたら、ある女の子からいい感じの返信がきたんや。

 

「わたしもよく○○らへんに遊びに行くんです♪よかったら一緒に遊んでみませんか( *´艸`)?」

 

そりゃもーワイは有頂天、ヤったる!!!と一瞬で舞い上がったで。

友達から聞いていた通り、「意外と簡単に会えるもんやなー」と拍子抜けしたわ。

 

すぐにLINEで友達追加して、自分のことを話したり、相手の話をしたり、電話したりしたで。

めぐみちゃんって名前で、顔だけ写真で見たかぎりでは可愛い系や。

えらいべっぴんさんとは言わへんが、こんな大学生と知り合えるんなら願ったり叶ったりやわなw

 

ちなみに知り合ってから休日に遊ぶまでの3日ぐらいは、デートデートって会社でも言いふらしてたわww

社会人になってから女子と遊ぶとか皆無やったからな、そりゃ嬉しかったんやでw

めぐみちゃん可愛すぎるやんけえええええキエエエエエ!

約束の日曜日になって、いざデートに出陣や!

 

前日の夜には念入りにカラダを洗い、ムダ毛を処理。

デートへ出かける直前には、ワキと股間にプールオムの香水を降らし、近藤さんも財布に忍ばせて準備万端!

まぁ。ラブホに置いてあるだろうけど、どこでエッチするかわからんし一応なw

 

んで、約束の場所に15分前に到着して、めぐみちゃんを待っていたわけや。

 

「あの~○○さんですかぁ( *´艸`)?」

 

間違いなくめぐみちゃんや・・・写真よりも数段可愛いやんけえええええええええええ!!

こりゃ即ちょめちょめ案件やでええええええええええ!!

 

ワイの前に現れたのは、茶髪でふわふわガーリーヘアーをしたイかした女の子。

これがめぐみちゃんで、ワイと遊んでくれるやと・・・・!!!

 

ワイはこのとき、既にフルボッキしとったと思う。

ほとばしる性的興奮と、今日への期待が山ほど溢れとったと思うわ。

 

めぐみちゃんナイスやで、ほんでもってワイのファッションセンスはどうや!

学生時代に雑誌のスナップに載ったことのあるセンスや、オマ○コ濡らしてしもたんちゃうか!

 

とりあえずちゃんと会えたワイらは、まずオシャンティーなカッフェに行くことにした。

ケーキが美味いらしい、そんなオープンなカフェやで。

 

めぐみちゃんとお茶しながら、楽しいおしゃべりがスタートや。

 

今は大学生で学校とバイト先を行き来する生活、彼氏はいないし、好きな人もいないとな。

うん、じゃあワイが彼氏になったる、このときはそう誓った、確かに誓っていたんや・・・

両想いってなんや?すぐにセックルできるんとちゃうか?

カフェでお茶した後は、イタリアンのレストランに行ったんやで。

 

正直焼肉とかのほうが好きなんやが、女の子との初デートで肉とか無理なもんで。

煙とか油とか、女の子が嫌がる要素があるもんで、しゃあなしのイタリアンや。

 

ほんでもって、かっこつけてワインとか飲んでみた!

めぐみちゃんも成人しとるから、同じくワインを飲むわ飲むわ!

 

こりゃヤれるで

酔った女の子は間違いなくヤれるで、マグナムぶち込むで・・・!

 

ノリのいい大学生のめぐみちゃんと、少しばかり財力のある若手のサラリーマン俺氏。

 

もちろんお会計はワイ持ちで、お手洗いにいった隙にキャッシュでドーンや!

どや、かっこいいやろ?

めぐみちゃんも「ありがとぅ~♡」ってなっとったわw

 

そして店を出るワイとめぐみちゃん。

二人ともホロ酔いで、次はどこに行こうかと話ながらブラつく・・・。

 

 

「決まっとるやろう、ラブホへ直行やで☆彡」

 

 

なんて言うでもなく、ワイは

 

「○○ちゃんのことが好きかもしれない、もっと一緒にいたい」

「○○ちゃんがよかったらホテルで休憩しない?」

 

こう切り込んだんやで。

 

正直、すでにワイは惚れとった。

こんな可愛い女の子とデートして、むしろ惚れん男なんておらんやろと言いたいぐらい惚れとったんや。

 

だからこその率直に好き、ホテル行きたい。

 

そしてめぐみちゃんの答えは、

 

「私も同じ気持ちかも..いいよ..行こう..」

 

ワイはやったで、オマンコ確実ゲットやでえええええええ!

彼女ができるんやでえええええ!後でちゃんと告るんやでえええええ!

まさかめぐみちゃんのアソコが○○だったなんて、ワイは死にたい

両想いなことが分かったし、さらに100%に近い確率でエッチできるんや。

とびっきりの笑顔を見せとったろうな、客観的に見たかったぐらいやわw

 

そんなこんなで、近くのラブホテルまでタクシーで移動することになった。

 

タクシーの中では、すでにめぐみちゃんと手をつないでいて、若干のおさわりもしてたで。

ワイは毎日オナニーをかかさない、そんな性欲の持ち主やから、まぁ仕方ないよのうw

 

ホテルに到着して、てきとーな部屋をチョイス!

ぶっちゃけどこでもいい、野外でもいい。

すぐにめぐみちゃんのカラダと合体したかったワイは、半ば血眼状態で部屋に移動した。

 

「シャワー浴びるね」

 

めぐみちゃんはそう言って、カラダを洗いにいったんや。

ワシは正直、洗わないほうが好きや。

体臭が少し残っているような、汗の匂いが香ってきそうな、そんな人間味が好きなんや。

 

でも女の子なら、臭いなんて思われるのは恥ずかしいし嫌やわな。

 

数分後、めぐみちゃんが浴室から出てきそうな音がした。

ガチャ、トントン。

ワイのチンポはこのときに破裂寸前、はよ出てこい・・・カラダを見せてくれい!

 

「お待たせっ…///」

 

恥ずかしそうに立っているめぐみちゃんは、白いガウンを羽織っている。

その隙間から見える谷間と、ほんのりピンク色になった表情。

 

最高やんけww

もうすでに抜けるやん、一生のオカズ決定やんwww

 

そう思ったワイ、すかさずめぐみちゃんをベッドに押し倒す、半ば強引に・・!

 

「いやっ…///」

 

めぐみちゃんは嫌がっている様子ではなく、恥ずかしがっている。

このままヤったる、肉棒を勢いよく突っ込んだる!

 

キスをしてほどよく膨らんだ乳を揉み、ペッティングがスタートや。

乳首を軽く唇で挟み、転がすように舌で愛撫。

 

「あっあっ…//」

 

気持ちよさそうな声。

めぐみちゃんは感度がとてもいいみたいで、ワイは我慢汁がドバドバ出てたんちゃうか。

 

「よし、つぎはオマンコを直接刺激や」

 

早く挿入したかったワイは、指マン手マンの順序を飛ばし、いきなりのクンニに走ることにした。

めぐみちゃんが力を入れて拒んでいる足を、ワイの両腕で開かせる

半ば強引、でも辞められない止まらない…

 

 

なんだこのオイニーは?!?!?!?!?!?!

なんか臭いぞ、えっえっどゆこと?!?!?!?!?!?!?!

 

 

勘違い?否!!!

ワイの鼻に飛び込んでくる悪臭は、紛れもなくめぐみちゃんの股間からの香り。。。

 

 

臭すぎてワロタwwwwwwwwwwww

なんぞこれ、こんな臭い嗅いだことねええええええええええwwwwwww

ありえん、どれだけナマモノが腐敗してもこのオイニーには勝てんwwwwwwwwww

おえっwwwwむりwww萎えの勢いがぱねえwwwwwwww

 

 

ワイは一瞬にして、戦意を失った…

ワイ、めぐみちゃんと付き合うのは無理、これは無理

めぐみちゃんのオマンコは、ウルトラメガトン級に臭かったんや..

言葉にはできん、シンプルに臭い、ただそれだけの話やったんやで..

 

もちろん、性的興奮は急激に落ちてしもうたが、顔は可愛いし性格もいい。

年齢もGoodでおっぱいもAll OK。

ただあそこがNG、とてつもなくNG。

 

そんなめぐみちゃんとは、その日の関係で終わったんや。

ゴムありの外出しでフィニッシュして、告白することなくホテルを出たんやで。

 

 

「後でしっかりと告白しよう、だってワイと彼女はもう両想いなんやから。」

 

 

そんな想いを胸に秘めながらホテルに入ったわけだが、ホテルから出るときには、

 

「臭いのは無理、シャワーしたのにこの臭いは強烈、心中する想いはワイにはない…」

 

このような気持ちに変化しとった。

 

めぐみちゃんとの会話は逃げに変わり、またねっと言葉を残してその場を去る。

もちろんタクシーを捕まえて最寄り駅に送ったが、その後の進展はなんもない。

 

ワイとめぐみちゃんの話や以上やで。

ハッピーエンドを期待しとった読者の方には申し訳ないが、アソコが臭すぎる女子は無理なんや…

 

もしこれを読んでくれているのが女の子なら、今すぐアソコの臭いをチェックしてみてくれい!

臭かったらオワコン、誰かとエッチするときは念入りに洗うんやで!

 

それと、もしワイのような男性が見ているなら、おまんこ臭がヘドロ級な女子には気を付けるんや!

エッチするまでは臭いは分からん!付き合う前にエッチしないと、後悔することもあるんやで!

 

まぁそう言うても、めぐみちゃんとの出会いはクレイジーで刺激的やった!

ありがとうめぐみちゃん、サラバめぐみちゃん!