1. 【決定版】優良出会い系サイトランキング~出会いMAX~
  2. 出会い体験談
  3. 掲示板BBSの口コミ体験談
  4. ≫15年前、ちょっと昔のインターネットでの出会い体験。

15年前、ちょっと昔のインターネットでの出会い体験。


15年前、ちょっと昔のインターネットでの出会い体験。

思い出の出会いはだいぶ時間がさかのぼります。

当時はまだSNSなどがない時代、そもそもインターネット自体もそこまで普及していませんでした。

 

というのも、まずパソコンを持っていない人も少なくなかったし、インターネットは今のように定額の常時接続ではありませんでした。

電話料金のように、インターネットを使う時間が長ければ長いほど料金も上がっていくのです。

もしかしたら今の中高生には信じられないことかもしれませんが、30歳~40歳ぐらいの人には懐かしい話でしょう。

当然携帯電話でインターネットなんてできず、せいぜいメールを送れる程度でした。

 

そんな環境ですから、ネットを日常的に使う人なんて少数派。

私のように中学生から常にパソコンをいじっている人は完全にオタク的な存在でした。

そんな中、その子と初めて会ったのは自作ホームページの掲示板でした。

 

SNSがなかった当時、それでも掲示板を使ってのコミュニケーションというのはネット上でどんどん広がっていました。

自作ホームページというのが今でいうSNSの自分のページの役割を果たしていたんですね。

 

とはいえホームページなんてそうそう簡単に作れるものじゃありません。

たいていの人は自分のページなんて持っておらず、同じ趣味の他の誰かが作ったページに入り浸るような状況です。

その子も私のページに入り浸っていました。

 

年齢も近く、趣味も同じということでその子とはすぐに仲良くなりました。

私の趣味は確かにオタクなのですが、当時はスポーツもやっていて身長も高く、外見だけは普通の人か、もしくはいわゆる「リア充」のようだったので、それなりに話も弾みました。

 

話が弾むようになると今度は互いの顔も見たくなってきます。

当時は自分の写真をネット上にあげるということは全くなかったので、なんとか頼み込んでメールで写真を送ってもらうことになりました。

相手も自分と同じようなオタク趣味、あまり期待はしていなかったのですが、届いたメールを見てびっくり。

ものすごくきれいな女の子でした。

 

お互い写真を見て気に入って、それまで以上に話が弾むようになりました。

こうなってくるともう気持ちはただの友達では止まりません。

 

当時インターネットでは相手の顔など見えないのが当たり前。

そんな中、写真まで交換してネットだけでなくプライベートの連絡先まで交換して、誕生日やバレンタインのときには相手の家にプレゼントを送って。

実際に会ってはいなくとも、互いに特別なことをしている相手という意識が出ていました。

 

ほどなくして付き合うこととなるのですが、遠距離も遠距離、東北地方と四国です。

しかもお互い高校生。

当然会うことなどかないません。

会ったことのない相手との交際開始です。

 

それでもお互いネットが好きで、毎日のように連絡していました。

また、当時から技術の進歩は早くあっという間に安く簡単に携帯でメールやネットができるようになりました。

 

それで高校卒業までなんとか関係が続き、無事互いに東京の大学に合格して同じ都内に住み始めることができたのです。

付き合い始めてから1年以上、ようやくまともにデートできる環境です。

しかも家が結構近かったので、それはもう毎日のように会いました。

 

始まり方はインターネット、当時としてはかなりの異例です。

私が高校を出る頃には十分ネットが普及していたとはいえ、ネットで知り合った人と会うなんて、出会い系サイトを利用しているような人だけ、というのが一般的な認識でした。

出会いの話をすると、周りの人の視線は多少痛いものがありました。しかしそれでも楽しく日々を過ごすことができました。

 

東京に出てから1年半、いろいろあってその子とは別れることとなってしまいましたが、それまでなかった新しい出会い方、そこから始まった様々な思い出。

辛いこともあったけど、今となってはいい思い出です。

 

ちなみに、この文章はインターネットでの出会いを推奨するものではありません(笑)

でも、出会い方がどうあれ、自分次第でそれを良くも悪くもできると思います。

どこでどうやって出会ったかも大事かもしれませんが、一番は自分と相手の気持ちです。

お互いが楽しく尊敬しあえる相手であれば、きっとどんな出会いでも素晴らしいものになるのではないでしょうか。